肥満は埋没包茎になる原因

MENU

肥満の包茎は危険!あなたはペニスが埋没している包茎じゃないですか?

太っている方で包茎の人は必ずチェックしてください。
自覚症状のある方は特に!

太り気味の人のペニスは損をしているって知っていますか?

40代になって体力と筋力の低下を感じ始めたとき、ふと気になったのがお腹周りの贅肉。

スーツのジャケットのボタンは常に解放状態でベルトの穴は一つ、二つ緩めないと閉められない有様。

ちょっとの運動ですぐに息切れし、汗は滝のように流れる。

そして何より周りからは馬鹿にされ、あるいは嫌悪感をもって接せられることが多い。

それが肥満(または太り気味)の人の特徴です。

そんな肥満な自分に妥協したり諦めていることが多いのが40代以降の中年男性です。

中高年の男性は注意すべし

若いときは異性から好感をもたれるため、あるいはかっこいい自分でありたいため痩せる努力をそれなりにしてきた人も、40代や50代といった中年になってくると「もう、どうでもいいや」と諦めはじめることが多いです。

しかし、様々な雑誌やテレビ番組で特集が組まれているように肥満であることは身体に大きな負荷がかかります。

高血圧、高血糖、高脂血が原因で生活習慣病にかかりやすくなったり、自重に耐え切れなくなって膝や腰を痛めたりと数えあげればきりがありません。

中には肥満であることが原因で死期が早まったという人もいます。

これは肥満であると循環器系の病気や心臓病になるリスクが肥満でない人と比べて格段に上がるからです。

肥満だと埋没包茎になる確率が高い!

そして、メディアで取り上げられることがあまりない性の問題として、肥満だと包茎になりやすいという由々しき問題があります。

これはオカルトでも何でもなく、れっきとした医学的根拠に基づいています。

そして、肥満の包茎で一番怖いのが埋没包茎です。

埋没包茎の人は早急にクリニックや病院での手術が必要になります。

当サイトでは肥満による包茎の危険性とその対策および治療法を紹介するサイトです。

あらかじめ言いますが、当サイトは筋トレやダイエットの方法を紹介するサイトではありません。

性の問題をどのようにして解決するかを紹介するサイトです。

太っている人はもちろん、太り気味の人や将来に備えて予備知識をつけたい人、40代や50代の中年男性の方はぜひ気軽に当サイトで肥満の包茎について学びましょう